FX テクニカル分析

統計学を用いた指標

 

ボリンジャーバンド(Bollinger Band)とは、相場トレンドが転換するタイミングや保ち合い相場からまた上下に動き出すのを判断するテクニカル指標のことです。

 

ジョン・ボリンジャーという人によって作られたもので、ローソク足チャート上に移動平均線とバンド(帯)状の線を3~5本描き、その中に相場が収まる確率を元に売買のタイミングを図るのに用いられます。

 

まず、移動平均線(21日)を引きます。

 

次に、その移動平均線を
中心として上下に同じ幅の1σ線(1標準偏差)を引きます。

 

それから、上下1σの外側に同じ幅の2σ線(2標準偏差)を引きます。
この2σまででもテクニカル分析は可能ではありますが、さらに、上下2σの外側に同じ幅の3σ線(3標準偏差)まで引かれているものが通常使われています。

 

ちなみに、「σ」は「シグマ」と読みます。

 

ボリンジャーバンドでは、
中央にある移動平均線よりも上にある線を+、移動平均線よりも下にある線を-と表します。

 

また、それぞれのσに価格が収まる確率は以下のようになっています。

 

■-1σ~+1σ…68.3%
■-2σ~+2σ…95.5%
■-3σ~+3σ…99.7%

 

中央の線から外側の線になるほどバンドの幅が広くなっていますので、
例えば3σになると99.7%の確率で相場は-3σ~+3σの中に収まるというような考え方です。

 

逆に言えば、相場が-3σ~+3σよりも大きく振れる確率は0.3%しかないという事になります。

 

このバンドそれぞれの確率から、逆張りを仕掛けることもあります。

 

ちなみに、逆張りとは、相場がこれ以上の安値にはならないだろうというところで買ったり、
これ以上は高値にならないだろうというところで売ったりすることを言います。

 

簡単に言えば、安い価格で買い、高い価格で売りたいという事です。

 

逆張りを仕掛けるのはたいてい価格が-2σまたは+2σに来た時です。

 

これは、-+2σから外れる確率が、
4.5%しかないことから、もし-+2σに相場が来てもまた戻る確率が高いという考え方です。

 

-+2σから外れる可能性が低いということは、
言い換えれば-2σはサポートライン、+2σはレジスタンスラインであるとも言えます。

 

また、ボリンジャーバンドは、帯の幅に変化が出る事があり、バンドの幅が小さくなっていくと、
次に上昇または下落と言った大きな動きになりやすく、トレンドが発生すると帯の幅が大きくなります。

 

その為、逆張りを仕掛けようとしている時は注意しなければいけません。

 

 

ボリンジャーバンド|Bollinger Band|テクニカル分析の基礎|FX解説関連ページ

ローソク足
FXで必須のテクニカル分析の「ローソク足チャート」を解説しています。
サポート・レジスタンス
FXで必須のテクニカル分析の「サポート・レジスタンス」を解説しています。
保ち合いパターン
FXで必須のテクニカル分析の「保ち合いパターン」を解説しています。
Wトップ・Wボトム
FXで必須のテクニカル分析の「Wトップ・Wボトム」を解説しています。
ヘッド&ショルダー
FXで必須のテクニカル分析の「ヘッド&ショルダー」を解説しています。
フィボナッチ
FXで必須のテクニカル分析の「フィボナッチ(フィボナッチリトレースメント)」を解説しています。
移動平均線
FXで必須のテクニカル分析の
「移動平均線 (ムービングアベレージ)」を解説しています。
ゴールデンクロス/デッドクロス
FXで必須のテクニカル分析の「ゴールデンクロス・デッドクロス」を解説しています。
グランビルの法則
FXで必須のテクニカル分析の「グランビルの法則」を解説しています。
RSI
FXで必須のテクニカル分析の
「RSI(Relative Strength Index;レラティブ・ストレングス・インデックス)」
を解説しています。
MACD
FXで必須のテクニカル分析の「MACD(Moving Average Convergence / Divergence Trading Method)」(マックディー)を解説しています。
ストキャスティクス
FXで必須のテクニカル分析の
「ストキャスティクス(Stochastics)」を解説しています。
DMI
FXで必須のテクニカル分析の「DMI(Directional Movement Index;方向性指数)」を解説しています。
サイコロジカルライン
FXで必須のテクニカル分析の「サイコロジカルライン(Psychological Line)」を解説しています。
ダイバージェンス
FXで必須のテクニカル分析の
「ダイバージェンス(Divergence)」を解説しています。
平均足(コマ足)
FXで必須のテクニカル分析の「平均足(コマ足)チャート」を解説しています。
ポイント&フィギア
FXで必須のテクニカル分析の「ポイント&フィギア(P&F)」を解説しています。
一目均衡表
FXで必須のテクニカル分析の「一目均衡表」を解説しています。
パラボリック
FXで必須のテクニカル分析の「パラボリック(Parabolic)」を解説しています。