レバレッジ

レバレッジとは

 

近年FXが注目を集め、人気になっている理由のひとつが、レバレッジによって少ない資金で始められるという理由です。

 

レバレッジとは、「テコの原理」という意味で、預けた証拠金(担保)よりも大きな金額を取引きできる仕組みのことです。

 

小さな力を上手に利用することで大きな物を動かすというテコの原理をイメージして頂ければ分かり易いのではないでしょうか。

 

FXの取引を始めるには基本1万通貨からです。
1ドル=100円であれば、通常100万円が
取引をスタートする為に必要ということになりますね。
しかし、レバレッジ10倍を利用すれば、
10万円で100万円分の取引ができるようになるのです。

 

上記の例からさらにレートが1ドル=110円になったとしましょう。
レートが10円上がると、100万円でスタートしたものが110万円になりますね。
そうすると10万円の元手で、10万円の利益を出したということになります。

 

では、逆に上記の例からレートが1ドル=90円になったらどうでしょう?
レートが10円下がると、100万円でスタートしたものが90万円になりますね。
そうすると、10万円の損失となり、元手も全て失ってしまうことになります。

 

このように、FXではレバレッジを効かせることで、それだけ利益も出しやすくなるというメリットがあります。
ただし、レバレッジにより、大きなマイナスを出してしまう可能性があることも忘れてはいけません。

 

レートの急落による損失を抑える方法もありますが、自分がかけているレバレッジの倍数や、それによってレート変動でどれくらいの損益が発生するのか、どれくらいまでの損失なら耐えられるのか、といった事を常に考えておくことは非常に重要です。

 

利用できるレバレッジはFX会社や通貨ペアなどによって異なりますが、
一般的には、FXは10万円あれば始められると言われています。

 

レバレッジを言葉で簡単に説明すると「小さな元手で大きな金額が動かせる」ということになりますが、
投資家の中には「仕組みがよく分からない」
「魅力があるだけに怪しい」と抵抗を感じている方も少なくありません。

 

しかし、レバレッジ1倍であっても100倍であっても、実際に動く金額は変わらないということを考えてみれば、疑念は晴れるのではないでしょうか。

 

例えば、レートが1ドル=100円から、1ドル=90円になった場合を考えてみましょう。
【証拠金10万円:レバレッジ10倍の場合】
100万円-90万円=10万円の損失

 

【証拠金100万円:レバレッジ1倍の場合】
100万円-90万円=10万円の損失

 

上記をご覧になるとお分かり頂けますように、レバレッジが何倍であっても損失額は同じですね。
損失額が証拠金以内であれば、FX会社はその損失分を決済することができるのです。
ちなみに、損失額が証拠金以上になった場合は強制的に取引終了となります。

 

レバレッジは、きちんと利用すれば怖いものではありません。
まずは、自身がFXに当てられる資金はどれくらいか、
どれくらいの損失額までなら許容範囲かなど、自分にあった倍数を考えてみましょう。