FX

 

実際に、FXで100%勝ち続けられるという人は存在しません。
FXで勝っているという人でも、負けたり勝ったりを繰り返しながらトータルで利益を出しているのです。

 

しかし、負ける時があるとは言っても、
ただリスクを受け入れるだけでは望ましくありません。

 

想定できるリスクに耐えられるか、また、負けた時のリスクをどれだけ抑えられるかといったリスク限定の考えは常に忘れないようにする事が大切です。

 

FXでのリスク限定は「資金管理(ポジション管理)」と「損小利大」の2つをポイントに考えてみましょう。

 

「資金管理(ポジション管理)」では、現在自分が持っているポジション量がどれくらいか、またトータルでの損益は現在いくらか、想定できるリスクに耐えられるかなどをしっかり把握しておく必要があります。

 

「損小利大」は、読んで字のごとく、損を小さく利益を大きくとることを意味しています。
負ける時のリスクは小さく抑えつつ、勝てるもので
利益を伸ばすとイメージしていただければ分かり易いかと思います。

 

取引を始めたら逆指値で損切りするレートを決めておくと良いでしょう。
どこで損切りするかは「資金管理」と合わせて考えてみて下さい。
このポジションで許容できる損失はどれくらいかという考え方です。

 

人によっては逆指値注文を嫌う事もあるようですが、損失をできる限り抑えることは必要です。

 

特に、レバレッジを大きくかけている方の場合、相場の急激な下降で大きな損失出してしまうこともありますので、ポジションを持つ事と逆指値注文はセットで行うようにする事をおすすめします。

 

ただし、損切りが必ずしも良い結果になるとは限らない事もご理解下さい。
例えば、損切り後に相場が回復した場合などです。

 

「あのままポジションを保っていれば利益になったのに…。」
となる可能性も充分にあり得ます。

 

確かに、損切り後に相場が持ち直すこともあります。
しかし、「~したらよいな」という希望で賭けに出るよりも、
リスクを抑える対策をとっている方が安心ではないでしょうか。

 

FXで危険なのは、利益が上がる事を前提に取引を行うことです。

 

利益を上げやすくする為にとにかくレバレッジをかける、レートが下がっても回復することを期待してそのままにしておくといった方法では、相場が予想と逆に動いた場合や急激な変動があった場合に大きな損失を出してしまう危険性があります。

 

FXでは、想定できるリスクをどう回避するかやどう抑えるかといった事を常に考えるようにしましょう。