FX会社の信託保全

FX会社破綻時のリスクを回避「信託保全」

 

FXで資産運用をお考えの方であれば、万が一FX会社破綻
(倒産)した場合に預けていた資金がどうなるか、
気になるところではないでしょうか。

 

FX会社に預けたお金は、銀行に預ける場合の預金とは異なりますので、ペイオフのような制度は適用されません。
その為、万一FX会社が破綻(倒産)してしまうと、預けていたお金が戻ってこない可能性も充分に考えられます。

 

しかし、最近では
多くのFX会社で「信託保全」が導入されるようになりました。
信託保全とは、顧客の資金を守る仕組みのことです。

 

信託保全の内容は、各会社によって異なります。

 

FX会社の破綻による資産の損失を回避する為にも、信託保全を導入している会社かどうか、
保全の仕組みはどのようになっているのか、
100%保全してくれるのか、などを事前にチェックしておくことが大切です。

 

例えば、A社では預けている資産の「一部を保全」、
B社では預けている資産の「全額を保全」、といった具合です。

 

もしFX会社が破綻した場合でも全額保全の対象であれば預けていた資金が全額返って来ることになりますので、考え方によっては、ペイオフで1,000万円までしか保護されない銀行預金よりも、
全額保全のFX会社の方が安心して預けられるとも言えますね。

 

また、銀行でも外貨預金などは
ペイオフの対象外となりますので、外貨を持ちたい人にとってもFXはうまく利用したいところです。

 

各FX会社の信託保全の内容がどのようになっているかについては、
そのFX会社のホームページをみると知ることができます。

 

FX会社によっては「信託保全でお客様の資金を守ります。」というフレーズだけで、詳細が記載されていない、または、全額保全なのか一部保全なのか分かりにくい説明文になっているところもありますので、疑問点があれば電話やメールで問い合わせるなどして確認されておくことをおすすめします。

 

万が一の時に後悔しない為にも、事前の確認をしっかり行うことが大切ですね。