レバレッジ

損失額の許容は?レバレッジは何倍?

 

FXで新規に取引を行う場合は、まず「自身が保有できる通貨量(額)」「許容できる損失額」を決めておくことをおすすめします。

 

この2つを意識しないまま取引を進めると、自分が実際にどれだけの額を動かしているのかを考えなくなってしまったり、つい資金をつぎ込みすぎてしまったりと、損失が出た時のリスクが非常に高くなってしまいます。

 

また、レバレッジについても、
何倍が自分に適しているかを考えてみましょう。

 

 

例えば、あなたのFXで運用でき
る資金が100万円であったとします。
買いレートが1ドル=100円、利用できるレバレッジが1倍~100倍であった場合、1万ドルを取引しようと思ったら、どれくらいのレバレッジをかけて、いくらを証拠金としますか?

 

レバレッジは何倍?と聞かれても、初めてFX取引をされる方は悩んでしまうかもしれませんが、これは以下のそれぞれのケースを見てみると分かり易いのではないでしょうか。

 

レバレッジ1倍の場合

レバレッジ1倍、つまり運用資金の100万円を証拠金として預けるケースです。
預けた証拠金はFX会社に押さえられた状態になりますので、以降は自由に使うことができず、手元に残る資金にはもう余りが無い状態となってしまいます。

 

しかし、損失額が100万円に達するまでは強制決済されないことになりますので、トレードの機会は増えることになります。

 

レバレッジ100倍の場合

レバレッジ100倍なので、証拠金として預ける金額は1万円、残り99万円は余りとすることができます。
余りとなった99万円は出金したり、新規に取引をする資金として利用したりすることができます。

 

ただしこの場合、相場が1円下がっただけでも損失額が証拠金の1万円に達しますので、強制決済されてしまう可能性は高くなります。

 

自分に合ったレバレッジの倍数を検討

上記をご覧いただきますと、低レバレッジ、高レバレッジ、どちらにもメリット・デメリットがあることに気付いたのではないかと思います。

 

もちろん、その時のレートやFXに運用できる資金など、取引を始める状況は人それぞれに異なりますが、高いから危険、低いから損、というような考え方でレバレッジを決めるのはおすすめできません。

 

「高いレバレッジは危険だ。」と解説する投資家の話を聞く事もありますが、高レバレッジは必ずしも危険だとは言い切れないことも事実なのです。

 

証拠金がいくらになるのか、余裕資金はどれくらい残るのか、レートが1銭動いたらどれだけの損益が発生するのか、などで自分に合ったレバレッジの倍数を検討してみましょう。