24時間トレードNG

注文に良いタイミングをとらえる

 

これからFXを始めようとする人が不安に思うのは、「注文に良いタイミングをとらえることができるか」という点ではないでしょうか。

 

FXには「NYクローズ」と呼ばれる1日の区切りがありますが、基本的には24時間オープンです。

 

『為替相場は24時間動き続けている』のページでも少し触れましたが、実は相場が動きやすいタイミングというのは1日のうちである程度決まっています。

 

主に、主要通貨国市場の
オープン時間、経済指標が発表されるタイミングなどです。

 

経済指標は世界中でさまざまなものが各国から毎日のように発表されていますが
、特にアメリカの経済指標の発表には注目が集まります。

 

これは、アメリカが世界経済の中心的存在であり、為替でも米ドルが基軸通貨(キーカレンシー)となっている為です。

 

アメリカの経済指標の発表内容によっては、相場がトレンドを持つきっかけになることもあります。
アメリカの経済指標が発表される時間は、日本時間の22時30分または24時(サマータイム中は21時30分または23時)にあたります。

 

さらに、ニューヨークとロンドン市場が重なる時間帯は動きが最も活発になります。
これは日本時間にするとおおよそ20時頃から翌深夜3時頃までを中心とした、夕方から夜中にかけての時間帯です。

 

その間でも、日本時間の23時30分(サマータイム中は22時30分)にはニューヨークの株式市場がオープンしますので特に注目したいタイミングです。

 

このように、為替相場には動きが活発な時間帯とそうでない時間帯があります。

 

日本時間では基本的に夜から深夜にかけての時間帯となりますが、この時間帯は自宅にいらっしゃる方が多いかと思いますので、日中仕事でトレードができない状況と比べると有利だと考えることができるのではないでしょうか。

 

また、24時間ずっと相場を見続けるというのは難しい話ですが、相場が動く時間帯を中心に行う取引であれば的を絞りやすくなるというメリットもあります。
集中する時にしっかり集中するという取り組み方ができるので、緊張感を保ちやすく、それ以外の時間でポジション量や今後の計画を見直すといったことも可能になります。

 

トレードで常に冷静な判断を取れるようにする為にも、活動方法にメリハリをつけてみると良いでしょう。

 

ただし、市場が動きにくいと
言われる時間帯でも、予想に反した変動をすることがありますので油断はできません。

 

「逆指値注文」などを活用して万一の損失にも耐えられるように体勢を整えておくことを強く推奨します。