FXの分析方法

ファンダメンタルズ分析 テクニカル分析

 

FXは現在の経済情勢といった情報を取り入れ、
金利や為替相場の変動を予測しながら売買を行います。

 

また、過去の動向を分析して
次の動きを予想するという方法もあります。

 

分析の対象となるのは金利や経済指標、または相場変動が主で、金利や経済指標を分析したものをファンダメンタルズ分析、相場変動を分析したものをテクニカル分析と呼びます。

 

この2つはFXを行っている人の
ほとんどがチェックしているものです。

 

その種類は数多くありますが、FXを始める際には
代表的なものの読み方などを理解しておくようにしましょう。

 

こちらのサイトでも、代表的なテクニカルチャートの見方を説明しています。
売りサインや買いサインの見つけ方や、
それぞれのチャートの特徴についても記載していますので、ぜひ参考にされてみて下さい。

 

投資家の方の中には、ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析のどちらか一方だけを用いて
相場変動の予測を行っている方もいらっしゃいますが、このやり方はあまりおすすめできません。

 

なぜなら、金利の推移を見て相場の動向を予測したり、
相場の推移で金利を予測したりすることは難しい為です。

 

相場と金利の推移が常に一致しているのであれば良いですが、
過去の実績を見ると、これらは必ずしも一致しているとは言えません。

 

また、経済指標についても同じ事が言えます。
経済指標(特にアメリカ)の発表は相場にトレンドが生まれるきっかけになることもありますが、
必ずそれがお決まりのパターンになっているというわけではないのです。

 

発表された経済指標の内容が良い結果であっても、
相場が全く反応を示さなかったということも珍しくありません。

 

これらのことからも、
ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析は予測ツールとして両方をバランスよく用いた方が良いです。

 

ただし、相場や金利の分析については注意したい点もあります。

 

ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析、どちらもさまざまな方法によって分析されており、それによって結果もさまざまですので、安易に分析結果が示す通りにトレードを行うは危険だという点です。

 

あくまでも参考として見る程度にしましょう。

 

FXでは、どれくらいのポジションを持つか、またはどのタイミングで売買を
行うかといった部分は、最終的に自分自身で判断する必要があります。

 

1回1回の取引で100%勝とうと考えるのではなく、損切りなども入れながら、
トータルで利益を上げることを目標とされてみて下さい。