FX テクニカル分析

トレンドを測るのに用いられる指標

>
DMIは、テクニカル指標の1つです。
Directional Movement Indexの略で、
方向性指数という意味を持ちます。

 

その意味の通り、相場の方向を
見る時に使われる指標で、トレンドを測るのに用いられます。

 

DMIでは+DIと-DIの2つの線を使って、トレンドを測ります。
難しそうに思えますが、意外と簡単です。

 

まず、+DIは正の方向性を表し、
-DIは負の方向性を表しています。
これは+-の記号が付いているので迷う事はなさそうですね。

 

【トレンドの向き】
■上昇トレンド
+DIが-DIよりも上の位置で推移している時は上昇トレンドです。

 

■下降トレンドの時
+DIが-DIよりも下の位置で推移している時は下降トレンドです。

 

【トレンドの強さ】
+-DIの差が大きい方が勢いが強く、逆に差が小さい時は勢いが弱いと判断できます。

 

【売りサイン】
-DIを+DIが上から下に抜いた時が売りサインです。

 

【買いサイン】
-DIを+DIが下から上に抜いた時が買いサインです。

 

ただし、ボックス相場では、
+DIと-DIが近い位置で推移する為、頻繁に交差が起こってしまい、あまり頼りになりません。

 

その為、トレンドを測る際には、DMIだけではなく他のテクニカル指標も合わせて参考にされることをおすすめします。

 

ちなみに、いつかの種類があるテクニカル指標の中でも、特にDMIと一緒に使われているのはADX(Average Directional Movement Index)です。

 

ADXもトレンドを見る指標となっていますが、両者を併用することでダマシを防ぎやすくなります。

 

ちなみに、DMIとADXを合わせた時の売り・買いサインは以下のように見る事ができます。

 

【売りサイン】
-DIを+DIが上から下に抜いた後、ADXが下降してきた+DIを下から上に抜いた時

 

【買いサイン】
-DIを+DIが下から上に抜いた後、ADXが下降してきた-DIを下から上に抜いた時

 

DMI(方向性指数)|ADX|テクニカル分析の基礎|FX関連ページ

ローソク足
FXで必須のテクニカル分析の「ローソク足チャート」を解説しています。
サポート・レジスタンス
FXで必須のテクニカル分析の「サポート・レジスタンス」を解説しています。
保ち合いパターン
FXで必須のテクニカル分析の「保ち合いパターン」を解説しています。
Wトップ・Wボトム
FXで必須のテクニカル分析の「Wトップ・Wボトム」を解説しています。
ヘッド&ショルダー
FXで必須のテクニカル分析の「ヘッド&ショルダー」を解説しています。
フィボナッチ
FXで必須のテクニカル分析の「フィボナッチ(フィボナッチリトレースメント)」を解説しています。
移動平均線
FXで必須のテクニカル分析の
「移動平均線 (ムービングアベレージ)」を解説しています。
ゴールデンクロス/デッドクロス
FXで必須のテクニカル分析の「ゴールデンクロス・デッドクロス」を解説しています。
グランビルの法則
FXで必須のテクニカル分析の「グランビルの法則」を解説しています。
RSI
FXで必須のテクニカル分析の
「RSI(Relative Strength Index;レラティブ・ストレングス・インデックス)」
を解説しています。
MACD
FXで必須のテクニカル分析の「MACD(Moving Average Convergence / Divergence Trading Method)」(マックディー)を解説しています。
ストキャスティクス
FXで必須のテクニカル分析の
「ストキャスティクス(Stochastics)」を解説しています。
サイコロジカルライン
FXで必須のテクニカル分析の「サイコロジカルライン(Psychological Line)」を解説しています。
ダイバージェンス
FXで必須のテクニカル分析の
「ダイバージェンス(Divergence)」を解説しています。
ボリンジャーバンド
FXで必須のテクニカル分析の
「ボリンジャーバンド(Bollinger Band)」を解説しています。
平均足(コマ足)
FXで必須のテクニカル分析の「平均足(コマ足)チャート」を解説しています。
ポイント&フィギア
FXで必須のテクニカル分析の「ポイント&フィギア(P&F)」を解説しています。
一目均衡表
FXで必須のテクニカル分析の「一目均衡表」を解説しています。
パラボリック
FXで必須のテクニカル分析の「パラボリック(Parabolic)」を解説しています。