経済指標の種類

インフレの動向を見るのに欠かせない

 

生産者物価指数(PPI)は消費者物価指数(CPI)と同様にイ
ンフレの動向を見るのに欠かせない経済指標のひとつです。

 

消費者物価指数(CPI)が
主な商品のサービスの物価の水準を表しており、

 

生産者物価指数(PPI)は
国内販売業者の販売価格の水準を表しています。

 

つまり、この両者は密接な関係にあり、FXに参加するうえでインフレや、インフレに伴う金融政策の動向をうかがう為にも合わせて見ておきたいところです。

 

生産者物価指数(PPI)は、さまざまな品目の販売価格を調査した結果によって算出されるのですが、食料品とエネルギーは季節的な影響で価格が変動しやすい為、
この2つを除いた「コア指数」が特に重要視されます。

 

FXではどちらかといえば生産者物価指数よりも
消費者物価指数の方が重要視される事が多いです。

 

ちなみに、両者の発表のタイミングはややずれており、
生産者物価指数の方が少し早いです。
生産者物価指数は毎月中旬(15日頃)に発表されます。

 

米国生産者物価指数(PPI)とは?|FXで活用したい経済指標関連ページ

雇用統計
米国雇用統計の活用の仕方を説明しています。
米国消費者物価指数
米国消費者物価指数(CPI)の説明と活用の仕方を説明しています。
中古住宅販売件数と販売保留
中古住宅販売件数と販売保留の説明とファンダメンタルズでの活用の仕方。
住宅着工件数と建設許可件数
米国の住宅着工件数と建設許可件数の説明
新築住宅販売件数
米国の新築住宅販売件数の活用の仕方を説明しています。
ISM製造業景況指数
ISM(全米供給管理協会)が実施した製造業の購買担当役員へのアンケート。
ISM非製造業景況指数
FXのファンダメンタルズ分析で活用される経済指標について解説しています。「ISM(アイエムエス)非製造業景況指数」は、重要度の高い米国経済指標のひとつです。
フィラデルフィア連銀指数
フィラデルフィア地区製造業の経済活動や景況感を、数値化した経済指標。
米国「鉱工業生産」
FXのファンダメンタルズ分析で、
米国「鉱工業生産」を分析することの重用さを説明しています。
米国「耐久財受注」
FXのファンダメンタルズ分析で、
米国「耐久財受注」を分析することの重用さを説明しています。
米国 「小売売上高」
FXのファンダメンタルズ分析で、米国経済指標の
「小売売上高」を分析することの重用さを説明しています。
米国「個人所得・個人支出」
FXのファンダメンタルズ分析で、米国経済指標の
「個人所得・個人支出」を分析することの重用さを説明しています。
米国 GDP(国内総生産)
FXのファンダメンタルズ分析で、米国経済指標の
米国 GDP(国内総生産)を分析することの重用さを説明しています。
消費者信頼感指数
「消費者信頼感指数」と為替相場の関係を知り、
FXのファンダメンタルズ分析に活用するようことを説明しています。
ミシガン大消費者信頼感指数
「ミシガン大消費者信頼感指数」は、FXのファンダメンタルズ分析で活用される経済指標です。この指数をFXの勝利に活かすことを解説しています。
貿易収支
「貿易収支」は、FXのファンダメンタルズ分析で活用される経済指標です。「貿易収支」をFXの勝利に活かすことを解説しています。
対米証券投資
「対米証券投資(TICS)」は、FXのファンダメンタルズ分析で活用される
経済指標です。この経済指標をFXの勝利に活かすことを解説しています。
ADP雇用統計
「ADP雇用統計」は、FXのファンダメンタルズ分析で活用される経済指標です。この経済指標をFXの勝利に活かすことを解説しています。
景気先行指数
「景気先行指数」は、FXのファンダメンタルズ分析で活用される経済指標です。この経済指標をFXの勝利に活かすことを解説しています。
シカゴ購買部協会景気指数
「シカゴ購買部協会景気指数」は、FXのファンダメンタルズ分析で活用される経済指標です。この経済指標をFXの勝利に活かすことを解説しています。
NY連銀製造業景況指数
「NY連銀製造業景況指数」は、FXのファンダメンタルズ分析で活用される米国経済指標です。この経済指標をFXの勝利に活かすことを解説しています。
新規失業保険申請件数
「新規失業保険申請件数」は、FXのファンダメンタルズ分析で活用される米国経済指標です。この経済指標をFXの勝利に活かすことを解説しています。
輸入物価指数
「輸入物価指数」は、FXのファンダメンタルズ分析で活用される米国経済指標です。この経済指標をFXの勝利に活かすことを解説しています。