FX テクニカル分析

黄金比を導き出す

 

相場にはトレンドがあります。
しかし、トレンドと言っても安値と高値が直線状に結ばれるのではなく、押したり戻したりの動きを見せながら推移していきます。

 

実は、テクニカル分析ではこの
押し(戻り)がどこで止まるのかを予測する方法があるのです。

 

この押し戻りの価格予測は、ある比率使って算出できます。

 

相場の押しや戻りでの目標価格を予測するのに多く使われているのが「フィボナッチリトレースメント」と呼ばれる手法です。

 

高値、安値、数値を使って算出します。

 

数値は、強いトレンドでは38.2%、弱いトレンドでは61.8%を用います。

 

■強い上昇トレンドで安値から上昇し、天井を付けた後に押しが入るケース
  高値と安値の差を100%とした場合には高値から38.2%のポイントで下げ止まる

 

■弱い上昇トレンドで安値から上昇し、天井を付けた後に押しが入るケース
  高値と安値の差を100%とした場合には高値から61.8%のポイントで下げ止まる

 

38.2%、61.8%の他では、50%もよく用いられる数字です。

 

用いる数値や計算方法は複雑ではありませんので、
電卓があれば下げ止まりのポイントを計算して予測する事ができますね。

 

100%その通りに動くというわけではありませんが、
「フィボナッチリトレースメント」は多くのトレーダーが用いている手法であるというのも事実です。

 

上昇や下降のトレンドが現れた際には、
安値、高値を元に目標価格を推定されてみてはいかがでしょうか。

フィボナッチ数列

 

ちなみに、フィボナッチ数列は、
13世紀頃にイタリアで活動していた数学者、「レオナルド・フィボナッチ」によって導き出されたものです。

 

私たち人間が好む形には、
一見関連が無さそうにみても、同じ比率(黄金比)に当てはまることが多いのだそうです。

 

その黄金比率を導きだすのがフィボナッチ数列です。

 

市場の考えや行動が
表れる相場にもこの比率が当てはまることが多いというのは、実に面白い現象だと思いませんか。

 

 

フィボナッチリトレースメント|テクニカル分析|押し(戻り)予測関連ページ

ローソク足
FXで必須のテクニカル分析の「ローソク足チャート」を解説しています。
サポート・レジスタンス
FXで必須のテクニカル分析の「サポート・レジスタンス」を解説しています。
保ち合いパターン
FXで必須のテクニカル分析の「保ち合いパターン」を解説しています。
Wトップ・Wボトム
FXで必須のテクニカル分析の「Wトップ・Wボトム」を解説しています。
ヘッド&ショルダー
FXで必須のテクニカル分析の「ヘッド&ショルダー」を解説しています。
移動平均線
FXで必須のテクニカル分析の
「移動平均線 (ムービングアベレージ)」を解説しています。
ゴールデンクロス/デッドクロス
FXで必須のテクニカル分析の「ゴールデンクロス・デッドクロス」を解説しています。
グランビルの法則
FXで必須のテクニカル分析の「グランビルの法則」を解説しています。
RSI
FXで必須のテクニカル分析の
「RSI(Relative Strength Index;レラティブ・ストレングス・インデックス)」
を解説しています。
MACD
FXで必須のテクニカル分析の「MACD(Moving Average Convergence / Divergence Trading Method)」(マックディー)を解説しています。
ストキャスティクス
FXで必須のテクニカル分析の
「ストキャスティクス(Stochastics)」を解説しています。
DMI
FXで必須のテクニカル分析の「DMI(Directional Movement Index;方向性指数)」を解説しています。
サイコロジカルライン
FXで必須のテクニカル分析の「サイコロジカルライン(Psychological Line)」を解説しています。
ダイバージェンス
FXで必須のテクニカル分析の
「ダイバージェンス(Divergence)」を解説しています。
ボリンジャーバンド
FXで必須のテクニカル分析の
「ボリンジャーバンド(Bollinger Band)」を解説しています。
平均足(コマ足)
FXで必須のテクニカル分析の「平均足(コマ足)チャート」を解説しています。
ポイント&フィギア
FXで必須のテクニカル分析の「ポイント&フィギア(P&F)」を解説しています。
一目均衡表
FXで必須のテクニカル分析の「一目均衡表」を解説しています。
パラボリック
FXで必須のテクニカル分析の「パラボリック(Parabolic)」を解説しています。