FX 比較

FX会社スペック比較|FX口座開設記事一覧

このページでは、FX会社を通貨ペアの数で比較します。FXの通貨ペアとは、ドルと円、ユーロと円、あるいはユーロとドル、といった売買する2国通貨の組み合わせを指します。例えば、下記のように表現します。ドルを買って円を売る取引を「ドル/円」を買う。ドルを売って円を買う取引を「ドル/円」を売る。

このページでは、FX会社を初回最低入金額で比較します。初回最低入金額とは、FXに使う口座を開設する際に必要な入金金額です。FX会社によっては、初回最低入金額が定められているケースと定められていないで、その時の必要な証拠金を収めて、即トレードを出来きる会社が有ります。

FXを1000通貨単位で取引できるFX会社を比較します。少ない資金で取引可能ですので、分散投資の資金の管理がやり易くなってトレード手法の幅が広がります。また、少額資金でFX取引の経験を積んでから本格的にトレードを行いたい方に最適です!

の資金移動のスピードが、速いクイック入金(即時入金)サービスを活用すると、FX会社の口座へリアルタイム(即時入金)で資金移動が可能になるため、トレードしたい時の入金に費やす時間のロスが最小限に抑えることができます。24時間いつでもほぼリアルタイムで振込(入金)可能!クイック入金サービスを活用して、夜間も祝祭日もFXトレード!! どの銀行も手数料無料です。

FXでは注文方法が多岐にわたります。注文方法をFX会社別に一覧比較で表示しています。シンプルな注文方法から相場の変動に合わせて自動売買する複雑な注文方法もあります。

「マージンコール」「ロスカット」というリスク管理機能についての比較です。「マージンコール」とは、FX会社からFXトレーダー(顧客)の含み損が膨らんだ結果、証拠金に対する資産の評価額が一定の率(50%など)を下回った時に顧客に送られる警告です。「ロスカット」とは、「マージンコール」からさらに含み損が膨らんで評価額が一定の率(20%など)を下回ると強制的に反対売買が行われることです。また、FX会社から...