FX テクニカル分析

日本生まれのテクニカル指標

 

テクニカル指標の多くは海外で考えられて一般的になったものがほとんどですが、そのような中にもローソク足のように、日本で生まれたテクニカル指標があります。

 

それが「一目均衡表」です。

 

この「一目均衡表」は都新聞の
兜町担当記者によって考案されたと言われています。

 

「都新聞なんて聞いた事がない…。」という方も少なくないと思いますが、こちらは現在の東京新聞の前身となった新聞社です。

 

「一目均衡表」には転換線・基準線・先行スパンA・先行スパンB・遅行スパンの5本の線が使われており、相場は売買のバランスが崩れた方に向って動くという理論のうえで作られています。

 

また、値動きよりも時間を重視したチャートとなっています。

 

この指標で真っ先に目に入るものが、
先行スパンA・先行スパンBによって作られた「雲」と呼ばれる部分です。

 

「雲」はトレンドラインの代わりを果たします。

 

例えば、上昇相場ではサポートラインに、下降相場ではレジスタンスラインにといった具合です。

 

ただし、雲から外へ抜けた場合は相場が加速することがありますので注意されて下さい。

 

また、雲は厚みが厚ければ厚いほど
強力なサポートラインとなり、逆に、厚みが薄ければ弱いサポートラインとなります。

 

つまり、厚みが薄い部分では相場が転換しやすいということです。

 

売りサインも買いサインもこの指標から読むことができます。

 

【売りサイン】
  基準線を転換線が上から下へ抜ける時(クロスする時)

 

【買いサイン】
  基準線を転換線が下から上へ抜ける時(クロスする時)

 

期間についてですが、転換線が9日、基準線が26日、先行スパンが52日で用いられるのが一般的です。

 

時に、この「一目均衡表」は飛行機に例えられることがあります。

 

これは、雲の上を飛んでいる時は上り調子、雲の下を飛んでいる時は下り調子という具合に、
ローソク足の推移を、空を飛んでいる飛行機として考えるものです。

 

ちなみに、「雲」は先行スパンA・先行スパンBのことを指しています。

 

雲が厚い時は抜けにくく、雲が薄いときは抜けやすいなど、このように例えて考えてみると、
一見複雑に見えるチャートも分かりやすく見えるのではないでしょうか。

 

ちなみに、今回ご紹介した「一目均衡表」は、
時間の概念に重視を置いたものですが、時間の概念が無いテクニカル指標というのもあります。

 

こちらは「ポイント&フィギア(P&F)」と呼ばれるトレンド系チャートで、欧米ではメジャーな指標の1つです。

 

 

一目均衡表|転換線・基準線・先行スパン・遅行スパン|雲|テクニカル分析関連ページ

ローソク足
FXで必須のテクニカル分析の「ローソク足チャート」を解説しています。
サポート・レジスタンス
FXで必須のテクニカル分析の「サポート・レジスタンス」を解説しています。
保ち合いパターン
FXで必須のテクニカル分析の「保ち合いパターン」を解説しています。
Wトップ・Wボトム
FXで必須のテクニカル分析の「Wトップ・Wボトム」を解説しています。
ヘッド&ショルダー
FXで必須のテクニカル分析の「ヘッド&ショルダー」を解説しています。
フィボナッチ
FXで必須のテクニカル分析の「フィボナッチ(フィボナッチリトレースメント)」を解説しています。
移動平均線
FXで必須のテクニカル分析の
「移動平均線 (ムービングアベレージ)」を解説しています。
ゴールデンクロス/デッドクロス
FXで必須のテクニカル分析の「ゴールデンクロス・デッドクロス」を解説しています。
グランビルの法則
FXで必須のテクニカル分析の「グランビルの法則」を解説しています。
RSI
FXで必須のテクニカル分析の
「RSI(Relative Strength Index;レラティブ・ストレングス・インデックス)」
を解説しています。
MACD
FXで必須のテクニカル分析の「MACD(Moving Average Convergence / Divergence Trading Method)」(マックディー)を解説しています。
ストキャスティクス
FXで必須のテクニカル分析の
「ストキャスティクス(Stochastics)」を解説しています。
DMI
FXで必須のテクニカル分析の「DMI(Directional Movement Index;方向性指数)」を解説しています。
サイコロジカルライン
FXで必須のテクニカル分析の「サイコロジカルライン(Psychological Line)」を解説しています。
ダイバージェンス
FXで必須のテクニカル分析の
「ダイバージェンス(Divergence)」を解説しています。
ボリンジャーバンド
FXで必須のテクニカル分析の
「ボリンジャーバンド(Bollinger Band)」を解説しています。
平均足(コマ足)
FXで必須のテクニカル分析の「平均足(コマ足)チャート」を解説しています。
ポイント&フィギア
FXで必須のテクニカル分析の「ポイント&フィギア(P&F)」を解説しています。
パラボリック
FXで必須のテクニカル分析の「パラボリック(Parabolic)」を解説しています。