自動売買

世界中4000万人が利用するトレーダーが進化するMT4

mt4


自動売買の定番の取引ツールとして
人気のメタトレーダー4(MT4)の
現状と今後について調べてみました。
MT4に追加された主な機能
シグナル (コピートレード) シグナルは現在の日本のFX会社では使うことができませんが、シグナルをフォローすることで配信者そっくりに取引内容を行うことができるコピートレード機能です。詳細はMT4は基本無料なためダウンロードすれば簡単に確認することができます。
ワンクリック注文(新規・決済) ワンクリック注文とはその名の通り1クリックで注文することができる機能です。同じような機能でワンクリック決済もあり、併用することで取引の利便性を上げスムーズな取引が可能となっています。
ヘルプの日本語化 ヘルプの日本語化がMT4に追加されたことによってMT4は益々扱いやすいツールになりました。特にEAは専門的な内容も多いため日本語化による簡略化の恩恵は計り知れず、初心者にとってのハードルも低くなりました。
Code Base
(EAなどの更新情報)
Code BaseはMQL4.comとMQL5.comにアップされた情報をソフト上で共有するシステムです。これによってEAの更新情報やカスタムインディケーターをトレーダーは手軽に手に入れることができます。
iPad専用アプリ スマホさえあればいつでもどこからでも利用できるMT4のiPad専用アプリの機能。複数チャートの同時表示をはじめMT4でお馴染みの機能が搭載されており外出先からでもスムーズに取引することができます。

トレーダーが進化するツールMT4

MT4とメタクォーツ、その歩みとは?

mt4

MT4(メタトレーダー4)は、
メタクォーツ(MQ)が開発した取引ツールです。

 

世界中で4000万人以上のトレーダーに愛用され、200社以上のFXブローカーで採用されている確かな実績を誇っています。

 

メタクォーツは2000年の創業時より、多くのトレーダーに利用され、コストパフォーマンスに優れたシステム作りを理念としています。

 

MT4はその理念を最も反映したシステムと言え、世界中で愛用される取引ツールとして不動の地位を築くまで押し上げました。

MT4が注目される理由とは?

mt4

MT4は無料で使うことができ、親切なユーザーインターフェースで初心者トレーダーにもオススメのプラットフォームとなっています。

 

またMT4には自動売買、オートメイテッド・トレードにも対応しており、
時間のない方からも注目される取引ツールとなっています。

MT4のオートメイテッド・トレードとは?

mt4

MT4のオートメイテッド・トレードとは、自動売買のことで、MT4の自動売買プログラムのEAは自動売買の通称にもなっています。

 

通常の取引ツールではパソコンの前でエントリーし、
売買のチャンスを見極めねばなりませんでした。

 

しかしEAは一度設定すれば後は他の事をしていても問題なく、限られた時間を有効に活用することができます。

 

このため家事に忙しい主婦や多忙なビジネスマンにもオススメの取引ツールとなっています。

 

日本人にはMT4を使いこなすのは難しい?

mt4

MT4は高い利便性を持つものの、使いこなすには初心者にはいくつか難しいハードルが存在します。

 

インディケータ(テクニカル指標)の作成やEAのプログラミングは特につまづく初心者が多く、専門知識が必要になります。

 

そのような方に「MQL5.com」のサイトになるフォーラムを利用することをオススメします。

 

専門家も多く利用する掲示板であるため疑問やプログラムの作成など困った時に役立つでしょう。

MT4の気になる新機能とは?

mt4

MT4はアップデートによって取引内容をシグナル配信することができるようになりました。

 

Twitterのようにそのシグナルをフォローすればその取引内容を模倣することができる他、過去の取引ログを確認することで参考にすることができます。

 

これはMT4以外にもズールートレードにも同様の機能、「コピートレード」が搭載されています。

シグナルとデモ講座

mt4

シグナル機能は誰かの取引内容を模倣し始めることができるため、初心者に正にぴったりな機能と言えます。

 

デモ講座でも利用できるため初心者の方はまずはシグナル機能を利用して取引の空気に慣れることから始めるといいでしょう。

 

また自信が付き、実力を試したくなったらシグナルを使い配信してみるのもオススメです。

 

シグナルの配信はフォローした人とフォロワーのような関係となりSNSサイトのような一種のコミュニティ状態となります。

 

MT4はシグナル機能を利用して自分の取引内容を配信することで、どの程度評価されるか確かめることもでき、ユーザー同士が切磋琢磨できる環境づくりが積極的に行われています。

MT4会社特徴比較

会 社 名 特徴 詳細

 

 

(上記の文章は、FX攻略.com2014年1月号のP26-P27を参考に大幅に書き直しました。)