FX テクニカル分析

高値・安値・終値の3種類を使って作成する指標

 

ストキャスティクス(Stochastics)は、
オシレーター系チャートの1つです。

 

他のページで紹介した「RSI」と同様に
「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」を可視化します。

 

「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」の状況を知ることができれば、できるだけ安値で買いやすくなったり、できるだけ高値で売りやすくなったりすることがあります。

 

ストキャスティクスで分析に使うのは、
主に短期線(%K)と中期線(%D)の2本です。

 

0%~100%の範囲を上下する2本が
交差(クロス)する位置で売りサイン、買いサインを判断します。

 

ストキャスティクスでは、
売られ過ぎの目安を30~15%、「買われ過ぎ」の目安を70~85%としている事が多いです。

 

【売りサイン】
   80%以上で短期線(%K)が中期線(%K)を上から下に抜いた時

 

【買いサイン】
   20%以上で短期線(%K)が中期線(%K)を下から上に抜いた時

 

ただし、ストキャスティクスの扱いに注意しなければいけない点もあります。

 

それは、相場に強いトレンドが出ている時です。

 

ストキャスティクスはボックス相場の時には効果的ですが、強いトレンドが出ている時に弱く、
売りサインや買いサインが出ても、相場がまた戻るダマシが起こることがあります。
その為、他のチャートと合わせて予想することをおすすめします。

オシレーター系とトレンド系

ちなみに、テクニカルチャートは、オシレーター系とトレンド系の2種類に大きくわけることができます。

 

オシレーター系は相場の方向を見るのに適しており、
オシレーター系は売られ過ぎや買われ過ぎを見るのに適しています。

 

オシレーター系チャートでは、今回ご紹介したストキャスティクスの他に「RSI」や「MACD」がメジャーです。

 

「MACD」はトレンド発生で威力を発揮し、
「RSI」はストキャスティクスと同じくボックス相場で威力を発揮します。

 

また、トレンド系チャートでは「移動平均線」や「ボリンジャーバンド」が有名です。

 

どれが1つで充分ということは、
有りませんので、さまざまなチャートと合わせて参考にされると良いでしょう。

 

ストキャスティクス(Stochastics)|売られ過ぎ・買われ過ぎを可視化関連ページ

ローソク足
FXで必須のテクニカル分析の「ローソク足チャート」を解説しています。
サポート・レジスタンス
FXで必須のテクニカル分析の「サポート・レジスタンス」を解説しています。
保ち合いパターン
FXで必須のテクニカル分析の「保ち合いパターン」を解説しています。
Wトップ・Wボトム
FXで必須のテクニカル分析の「Wトップ・Wボトム」を解説しています。
ヘッド&ショルダー
FXで必須のテクニカル分析の「ヘッド&ショルダー」を解説しています。
フィボナッチ
FXで必須のテクニカル分析の「フィボナッチ(フィボナッチリトレースメント)」を解説しています。
移動平均線
FXで必須のテクニカル分析の
「移動平均線 (ムービングアベレージ)」を解説しています。
ゴールデンクロス/デッドクロス
FXで必須のテクニカル分析の「ゴールデンクロス・デッドクロス」を解説しています。
グランビルの法則
FXで必須のテクニカル分析の「グランビルの法則」を解説しています。
RSI
FXで必須のテクニカル分析の
「RSI(Relative Strength Index;レラティブ・ストレングス・インデックス)」
を解説しています。
MACD
FXで必須のテクニカル分析の「MACD(Moving Average Convergence / Divergence Trading Method)」(マックディー)を解説しています。
DMI
FXで必須のテクニカル分析の「DMI(Directional Movement Index;方向性指数)」を解説しています。
サイコロジカルライン
FXで必須のテクニカル分析の「サイコロジカルライン(Psychological Line)」を解説しています。
ダイバージェンス
FXで必須のテクニカル分析の
「ダイバージェンス(Divergence)」を解説しています。
ボリンジャーバンド
FXで必須のテクニカル分析の
「ボリンジャーバンド(Bollinger Band)」を解説しています。
平均足(コマ足)
FXで必須のテクニカル分析の「平均足(コマ足)チャート」を解説しています。
ポイント&フィギア
FXで必須のテクニカル分析の「ポイント&フィギア(P&F)」を解説しています。
一目均衡表
FXで必須のテクニカル分析の「一目均衡表」を解説しています。
パラボリック
FXで必須のテクニカル分析の「パラボリック(Parabolic)」を解説しています。