FX テクニカル分析

サポートライン・レジスタンスライン

 

相場の動きは基本的に、
上がる、下がる、横ばいの3パターンです。

 

チャートでは一見すると不規則に上がったり下がったりを繰返しているように見えますが、良く見るとある期間は上昇傾向にあったり、またある期間は下降傾向にあったりすることが分かると思います。

 

上昇から下降傾向に移る、または下降傾向から上昇傾向に移るポイントが分かれば、相場の動向も読みやすくなります。

 

FX取引では、このようなポイントを意識する事が基本です。

 

相場の動きが変わるポイントは、サポートライン(支持線)やレジスタンスライン(抵抗線)を用いることで見えやすくなります。

 

これらのラインは、水平線で表されます。

 

サポートライン(支持線)
   サポートラインとは相場の下落を支え持っているラインです。

 

レジスタンスライン(抵抗線)
   レジスタンスラインとは、相場の上昇に抵抗しているラインです。

 

相場の下落を支えているサポートラインにローソク足が触れそうになると、支えられているかのように相場が上昇する、逆にレジスタンスラインに相場が触れそうになると今度は反発されているかのように下降することがあります。

 

そして、相場がサポートラインを越えた時、
または相場がレジスタンスラインを越えた時がポイントとなるのです。

 

また、ポイントを超えると、これまで相場を支えていたサポートラインがレジスタンスラインに変わったり、相場の上昇に抵抗していたレジスタンスラインがサポートラインに変わったりする事もあります。

 

FXの参加者の多くも、このサポートラインとレジスタンスラインを意識した取引を行っています。

 

その為、相場がサポートラインや
レジスタンスラインに近づくほど売ったり買ったりされ、ラインを超えると逆の動きに移る事が多いです。

 

多くの投資家の売買は似たような動きをする事が多いので、サポートラインや
レジスタンスラインと合わせ、市場の動きを意識しながら判断材料とされてみて下さい。

 

サポート(支持線)・レジスタンス(抵抗線)|テクニカル分析関連ページ

ローソク足
FXで必須のテクニカル分析の「ローソク足チャート」を解説しています。
保ち合いパターン
FXで必須のテクニカル分析の「保ち合いパターン」を解説しています。
Wトップ・Wボトム
FXで必須のテクニカル分析の「Wトップ・Wボトム」を解説しています。
ヘッド&ショルダー
FXで必須のテクニカル分析の「ヘッド&ショルダー」を解説しています。
フィボナッチ
FXで必須のテクニカル分析の「フィボナッチ(フィボナッチリトレースメント)」を解説しています。
移動平均線
FXで必須のテクニカル分析の
「移動平均線 (ムービングアベレージ)」を解説しています。
ゴールデンクロス/デッドクロス
FXで必須のテクニカル分析の「ゴールデンクロス・デッドクロス」を解説しています。
グランビルの法則
FXで必須のテクニカル分析の「グランビルの法則」を解説しています。
RSI
FXで必須のテクニカル分析の
「RSI(Relative Strength Index;レラティブ・ストレングス・インデックス)」
を解説しています。
MACD
FXで必須のテクニカル分析の「MACD(Moving Average Convergence / Divergence Trading Method)」(マックディー)を解説しています。
ストキャスティクス
FXで必須のテクニカル分析の
「ストキャスティクス(Stochastics)」を解説しています。
DMI
FXで必須のテクニカル分析の「DMI(Directional Movement Index;方向性指数)」を解説しています。
サイコロジカルライン
FXで必須のテクニカル分析の「サイコロジカルライン(Psychological Line)」を解説しています。
ダイバージェンス
FXで必須のテクニカル分析の
「ダイバージェンス(Divergence)」を解説しています。
ボリンジャーバンド
FXで必須のテクニカル分析の
「ボリンジャーバンド(Bollinger Band)」を解説しています。
平均足(コマ足)
FXで必須のテクニカル分析の「平均足(コマ足)チャート」を解説しています。
ポイント&フィギア
FXで必須のテクニカル分析の「ポイント&フィギア(P&F)」を解説しています。
一目均衡表
FXで必須のテクニカル分析の「一目均衡表」を解説しています。
パラボリック
FXで必須のテクニカル分析の「パラボリック(Parabolic)」を解説しています。