FX テクニカル分析

様々な保ち合い状態

 

相場の動向を分かり易くするために
引くラインは、トレンドラインと呼ばれます。

 

チャートにトレンドラインを引く事で、
チャートの中に動きのパターンが見えてくることがあります。

 

保ち合いと呼ばれるパターンもその一つです。

 

保ち合いとは相場がさほど上がりもせず、さほど下がりもせず、ジグザグと横に動いているような状態です。

 

保ち合いパターンにも
トレンドラインが表す形によってさまざまな型があります。
例えば、ペナント型です。

 

保ち合いのペナント型とは、ある一定期間(時間)の高値と安値の振り幅がだんだんと小さくなっていき、その後に大きく上昇または大きく下降する動きの事です。

 

高値が更新されず、かつ、安値も更新されない状態とイメージしてみて下さい。
そうすると、高値を結んだレジスタンスラインと、
安値を結んだサポートラインが「>」の字のような形になります。

 

この「>」の形がペナントに似ているため、「ペナント」型という呼ばれ方をします。

 

また、急激に相場が上がることを「上離れる」、急激に下がる事を「下離れる」という言い方をします。

 

チャートが保ち合い状態に見えたら、まずはレジスタンスラインとサポートラインを引いてみましょう。

 

保ち合い状態からトレンドラインを突破した時に上離れや下離れが起きやすいので、
保ち合いからトレンドラインに相場が触れた方向に向いてFX取引を行うのがセオリーです。

 

また、保ち合いではフラッグの他にもさまざまなパターンがあり、呼び名も「ダイヤモンドフォーメーション」「トライアングル」や「フラッグ」「三角」なとどさまざまです。

 

ちなみに、「ダイヤモンドフォーメーション」とは、
その名の通り同じ形の三角を合わせたようなトレンドラインを形成するパターンです。

 

つまり、「<」の動きの後に「>」という動きになります。

 

頻繁にでてくるという訳ではありませんが、保ち合い状態になったとき、
どのタイミングで上離れや下離れを起こすのかを見極めるポイントとなります。

 

保ち合いパターン|ペナント・フラッグ・三角|テクニカル分析関連ページ

ローソク足
FXで必須のテクニカル分析の「ローソク足チャート」を解説しています。
サポート・レジスタンス
FXで必須のテクニカル分析の「サポート・レジスタンス」を解説しています。
Wトップ・Wボトム
FXで必須のテクニカル分析の「Wトップ・Wボトム」を解説しています。
ヘッド&ショルダー
FXで必須のテクニカル分析の「ヘッド&ショルダー」を解説しています。
フィボナッチ
FXで必須のテクニカル分析の「フィボナッチ(フィボナッチリトレースメント)」を解説しています。
移動平均線
FXで必須のテクニカル分析の
「移動平均線 (ムービングアベレージ)」を解説しています。
ゴールデンクロス/デッドクロス
FXで必須のテクニカル分析の「ゴールデンクロス・デッドクロス」を解説しています。
グランビルの法則
FXで必須のテクニカル分析の「グランビルの法則」を解説しています。
RSI
FXで必須のテクニカル分析の
「RSI(Relative Strength Index;レラティブ・ストレングス・インデックス)」
を解説しています。
MACD
FXで必須のテクニカル分析の「MACD(Moving Average Convergence / Divergence Trading Method)」(マックディー)を解説しています。
ストキャスティクス
FXで必須のテクニカル分析の
「ストキャスティクス(Stochastics)」を解説しています。
DMI
FXで必須のテクニカル分析の「DMI(Directional Movement Index;方向性指数)」を解説しています。
サイコロジカルライン
FXで必須のテクニカル分析の「サイコロジカルライン(Psychological Line)」を解説しています。
ダイバージェンス
FXで必須のテクニカル分析の
「ダイバージェンス(Divergence)」を解説しています。
ボリンジャーバンド
FXで必須のテクニカル分析の
「ボリンジャーバンド(Bollinger Band)」を解説しています。
平均足(コマ足)
FXで必須のテクニカル分析の「平均足(コマ足)チャート」を解説しています。
ポイント&フィギア
FXで必須のテクニカル分析の「ポイント&フィギア(P&F)」を解説しています。
一目均衡表
FXで必須のテクニカル分析の「一目均衡表」を解説しています。
パラボリック
FXで必須のテクニカル分析の「パラボリック(Parabolic)」を解説しています。