FX テクニカル分析

レートの天井と大底で現れることがありがちなパターン

 

 

Wトップ・Wボトムとは、相場が上昇を続けた後や、下降を続けた後、レートの天井と大底で現れることがあるパターンの事です。

 

 

 

高値または底値で一旦跳ね返され、そこから再度、高値または底値に触れてから跳ね返されるという推移になります。

 

■Wトップ

相場が上昇を続けた後に出ることがあるパターンです。
チャートではローソク足が「M」字状に推移する状態です。
WトップであればM字の後に相場は下落します。
その為、Wトップであると判断した時点、相場が高い状態で売りに動くのがセオリーです。

 

■Wボトム
相場が下降を続けた後に出ることがあるパターンです。
チャートではローソク足が「W」字状に推移する状態です。
WボトムであればW字の後に相場は上昇します。
その為、M字トップであると判断した時点、相場が低い状態で買いに動くのがセオリーです。

トレンドラインは、Wボトムを例にすると、
チャートの「W」の谷2つの頂点が触れる直線をサポートラインとします。

 

そして、真ん中の山の頂点触れるように直線を引いてレジスタンスラインとします。
この時、レジスタンスラインは「ネックライン」とも呼ばれます。

 

Wボトムで相場がネックラインを超えると、
ネックラインはサポートラインに変わり、安値を支えるようになることがあります。

 

ちなみに、Wトップの場合は、底値同士を結んだ直線がネックラインとなります。

 

ただし、WトップやWボトムを形成するかのように動いていた相場が、
もう一度ネックラインに跳ね返される場合もありますので注意が必要です。

 

実際に、Wトップによる売りWボトムによる買いは、ネックラインを越えた付近で行われる事が多いです。

 

また、天井や大底で現れやすいパターンは、
Wトップ・Wボトムの他に、ヘッド&ショルダーというものがあります。

 

天井や大底で現れるパターンは相場が大きく動くサインである可能性が高いです。
見逃さない為にも、ヘッド&ショルダーの項目も合わせてご確認されることをおすすめします。

 

 

Wトップ・Wボトム|テクニカル分析|FXの基礎・解説関連ページ

ローソク足
FXで必須のテクニカル分析の「ローソク足チャート」を解説しています。
サポート・レジスタンス
FXで必須のテクニカル分析の「サポート・レジスタンス」を解説しています。
保ち合いパターン
FXで必須のテクニカル分析の「保ち合いパターン」を解説しています。
ヘッド&ショルダー
FXで必須のテクニカル分析の「ヘッド&ショルダー」を解説しています。
フィボナッチ
FXで必須のテクニカル分析の「フィボナッチ(フィボナッチリトレースメント)」を解説しています。
移動平均線
FXで必須のテクニカル分析の
「移動平均線 (ムービングアベレージ)」を解説しています。
ゴールデンクロス/デッドクロス
FXで必須のテクニカル分析の「ゴールデンクロス・デッドクロス」を解説しています。
グランビルの法則
FXで必須のテクニカル分析の「グランビルの法則」を解説しています。
RSI
FXで必須のテクニカル分析の
「RSI(Relative Strength Index;レラティブ・ストレングス・インデックス)」
を解説しています。
MACD
FXで必須のテクニカル分析の「MACD(Moving Average Convergence / Divergence Trading Method)」(マックディー)を解説しています。
ストキャスティクス
FXで必須のテクニカル分析の
「ストキャスティクス(Stochastics)」を解説しています。
DMI
FXで必須のテクニカル分析の「DMI(Directional Movement Index;方向性指数)」を解説しています。
サイコロジカルライン
FXで必須のテクニカル分析の「サイコロジカルライン(Psychological Line)」を解説しています。
ダイバージェンス
FXで必須のテクニカル分析の
「ダイバージェンス(Divergence)」を解説しています。
ボリンジャーバンド
FXで必須のテクニカル分析の
「ボリンジャーバンド(Bollinger Band)」を解説しています。
平均足(コマ足)
FXで必須のテクニカル分析の「平均足(コマ足)チャート」を解説しています。
ポイント&フィギア
FXで必須のテクニカル分析の「ポイント&フィギア(P&F)」を解説しています。
一目均衡表
FXで必須のテクニカル分析の「一目均衡表」を解説しています。
パラボリック
FXで必須のテクニカル分析の「パラボリック(Parabolic)」を解説しています。