• 当サイトには広告が含まれます。

一般的なFXが店頭取引であるのに対し、「くりっく365」は取引所取引です。

取引所取引

「くりっく365」とは、東京金融取引所(略称「金融取」)金融取が上場した外国為替証拠金取引(FX)の愛称です。「くりっく365」は、2005(平成17)年7月に金融取によって、当時の金融先物取引法に基づき、日本で最初の取引所為替証拠金取引市場(FX市場)を開設されました。
くりっく365とは?

一般的なFXが店頭取引であるのに対し、「くりっく365」は取引所取引です。

「くりっく365」とは、東京金融取引所(略称「金融取」)金融取が上場した外国為替証拠金取引(FX)の愛称です。「くりっく365」は、2005(平成17)年7月に金融取によって、当時の金融先物取引法に基づき、日本で最初の取引所為替証拠金取引市場(FX市場)を開設されました。

「くりっく365」が開設された理由

日本で個人向けFXが始まったのは、1998(平成10)年のことです。

その後、投資意識の高まりや、インターネット環境のブロードバンド化進み、そして投資効率が高いというFXそのものの特徴にも注目が向けられ、多くの会社でFXを取り扱うようになりました。

しかし、一部の悪質なFX会社によって勧誘行為や証拠金の扱いに関するトラブルが頻発し、健全で個人投資家も安心できるFX市場へのニーズが高まりました。

この状況を受けて、「くりっく365」が開設されました。

取引所「くりっく365」の生い立ち

「くりっく365」での取引スタートまでの流れ

証拠金の安全性を重視するなら、「くりっく365」取り扱い会社で口座開設

「くりっく365」のメリット

公正・健全なFX取引を求める声を受けて誕生した、取引所「くりっく365」。上級者にも初心者にも、メリットがたくさんあります。

証拠金の保管が義務付けられている

FX投資家が「くりっく365」の取引を行う場合、口座を開設した「くりっく365」取り扱い会社に証拠金を預けますが、取り扱い会社は、すみやかに証拠金を全額金融取へ直接預託しています。


■画像引用先;

投資家の証拠金を全額、金融取が、銀行の決済性預金口座で、金融取の財産と分別して、預かった証拠金を運用しないで、現金で保管されています。決済性預金は万一銀行が破たんしても全額が保護されるため、銀行の破たんに伴うリスクも低いといえます。

これは金融商品取引法および取引所規則に基づいたものです。

加えて、万一、FX取り扱い会社が破たんしても原則、返却されるから安心です。

信頼度の高いFX会社を厳選~「くりっく365」取り扱い会社なら、安心

「くりっく365」を取り扱うには、金融商品取引法で定める取り扱い会社の基準よりも厳しい、独自の資格基準を設定しています。


画像引用先;

店頭FX取引を取り扱う場合には、「金融商品取引法の基準を満たし、金融商品取引業の登録を行うこと」が最低限の基準として義務付けられています。

「くりっく365」でFX取引を扱うためには、その基準に加え、金融取で独自に、

  • 「資本金3億円以上」
  • 「純資産額が20億円以上」
  • 「自己資本規制比率200%以上」

などの厳しい資格要件を求めています。

さらに、取引会社となった後も、東京金融取引所の自主規制部門が取引参加者をモニタリングしていますので、より健全なFX市場が提供されます。

透明性の高い取引価格が提示される


非取引所取引(店頭FX取引)は、市場を介さずに売買の当事者同士で売買方法や取引価格、取引数量を付け合わせて売買する相対取引と呼ばれるスタイルで行われています。

一方、外国為替市場(インターバンク市場)自体も相対取引によって売買が行われています。銀行や為替ブローカー(仲介業者)が条件を提示し、それらに応じれば取引が成立していくという流れです。

個人投資家はインターバンク市場への参加が認められていません。

そこで、店頭FX会社は自らの裁量と責任に基づいて、独自にスプレッドなどを提示し、それに応じた個人投資家の注文を取り次いでいるのです。

結果的にFX会社が個人投資家に提示しているレートなどは、その時点でインターバンク市場に出ているものと同じではありません。

そのため、為替の売買価格は、FX会社から提示されたものとなります。

仲介手数料に相当するスプレッドが上乗せされており、その値幅は個々のFX会社で異なっているのです。

つまり、利益を目減りしないようコスト負担を軽減するために、店頭取引を利用する際には各々のFX会社を厳格に比較した上で、最も良心的な条件を提示しているところを選び抜く作業が不可欠になります。

その点、「くりっく365」は取扱会社が十数社に絞られていますし、スプレッドは共通しているので、取引手数料の違いを比較すれば済みます。

マーケットメイク方式で、有利な価格提供の仕組み

「くりっく365」では、売買価格の透明性を高めるために、「マーケットメイク方式」を採用しています。


■画像引用先;

「マーケットメイク方式」は、インターバンクマーケット(銀行間の為替取引)における複数の有力金融機関が「マーケットメイカー」となり、それぞれが独自に、適正と判断する取引価格を金融取に提示します。

「くりっく365」取引所は、複数のマーケットメイカーが提示した売買価格の中で、最も有利な価格を自動合成して取引価格として投資家に提示しています。

つまり、マーケットメイカーから提示されるレートの中で最も安い売り価格(「売り気配」)と、最も高い買い価格(「買い気配」)を抽出してレート提示するため、投資家は常にベストな価格(ある時点において最もスプレッドが狭くなる価格)で売買ができるのです。

スワップポイントが投資家への還元で一本値!

FX会社の店頭取引と「くりっく365」はスワップの決まり方にも違いがあります。

多くの店頭FX取引では、売買した2国間通貨の金利差から生じる「スワップポイント」の価格が二重に設定し、その差額を投資家が負担することが多く、その差額がFX会社の利益になっています。

これはスワップポイントに対し、「手数料」に当たる金額をFX会社が上乗せしているためです。投資家にしてみれば、受け取り時のスワップポイントは減り、支払い時のスワップポイントが増えることになります。

言い換えると、FX会社の店頭取引は、同じ通貨ペアであっても「受取額<支払額」となるのが主流です。しかし、「くりっく365」では同じ通貨ペアなら、常に「受取額=支払額」となっています。


■図の引用先;FX攻略.com 2018年10月号 (2018-08-21) [雑誌] Kindle版P93

「くりっく365」では、この「手数料」に当たる売買した外貨同士の金利差で生じるスワップポイントをゼロにしているため、一つの通貨ペアに対して受け取り額と支払い額を同額(一本値)です。

「くりっく365」では、金融取も取り扱い会社もスワップポイントから利益を得ない仕組みのため、投資家は差額を負担することがありません。

スワップ目当てで高金利通貨に中長期的なスパンで投資する際には、「くりっく365」を選択した方が有利だといえます。

多彩な通貨ペア

取引可能な通貨の組み合わせ(通貨ペア)は、FX取引の基本となる円と外貨の通貨ペアが14種類、投資家に人気の高い外貨同士のペア(クロスカレンシー取引)が11種類の合計25種類から選択が可能です。外貨同士のクロスカレンシー取引も利用することで、さまざまな通貨に投資を分散することができ、より効果的な外貨投資が可能となります。

先入先出法と指定決済法を選択可能

建玉(保有外貨)の決済方法には、ある通貨ペアの取引を行った場合、すでに所有している古い建玉から自動的に決済される「先入先出法(オートネッティング)」と、決済する建玉を投資家自身が指定できる「指定決済法」の2つが用意されています。投資家は目的に合わせ、決済方法を選択することができます。

先入先出法とは、「複数の注文を行った際、成立日時の古いものから順番に決済される仕組み」のことです。

対する指定決済法は、「成立日時の古さに関係なく、注文者の指定した建玉を選んで順次決済を行う」というものです。

そして、この選択は自分が保有している外貨、つまり建玉を決済するときに使うものです。

新規に買うときには使えません。

  • 先入先出法;FX投資家が外貨の買いを四つ持っていたとします。四つは買った日付が古い順に1、2、3、4。四つのうち一番新しい4を決済したいと思って売りに出しても、それより古い1、2、3から順番に決済されるので、四つとも売りに出さないと4が決済できない。(1日に何度も取引を繰り返す人は、先入先出法でもあまり気にならないが、ある程度の期間を見て取引している人には、デメリットになる。)
  • 指定決済法;指定決済法だと、外貨の売り順をが4、3、2、1の順にもできる。(「最近保有した外貨だけを先に決済したい」「利益の出ている建玉はまだ持っていたい」などで利用可能)

両建て決済は取引所手数料が無料

上記の項目名「先入先出法と指定決済法を選択可能」の指定決済法を使うと、同じ通貨ペアの「売り」と「買い」とを同時に持っている「両建て」の状態が生まれます。(ある通貨ペアにおいて、売り建玉と買い建玉を同時に保有すること)

例えば、「米ドル/円」の通貨ペアなら、「円を売ってドルを買う」「ドルを売って円を買う」の二つを、並行して同時に自分のFX口座に持っているということになります。

この両建て自体は店頭取引でもすでに実施していますので(一部の店頭FX取引では、両建ての取り扱いがない場合もある)、目新しいことではないのですが、「くりっく365」での両建てには一般的な両建てと違う「特別」な機能が用意されています。

市場での通常決済だと、売りでも買いでも決済手数料やスプレッドが発生します。

しかし、自分で保有している「買い」「売り」を相殺する形で決済すると、市場を通さない取引になるため、取引所手数料もスプレッドもかかりません。

普通だったら往復分の手数料がかかるところがゼロになるので、かなりお得になります。しかも市場を通さないので決済に伴う価格変動リスクもありません。

数あるFX会社の中から、口座開設先を見極める

「くりっく365」取り扱い会社取り扱い会社なら、条件は同じ


初心者の方が、店頭FXの会社を選ぶのは、実はとても大変です。

沢山のFX会社の中から委託手数料やスプレッド、レバレッジの倍率はどれくらいか、入金出金はスピーディーに行えるか、そして何より、安心して証拠金を預けられる会社か?

インターネットで情報を比較しやすくなったとはいえ、FX会社を選び出すまでには、かなりの時間がかかってしまうこともあります。

その点、「くりっく365」取り扱い会社はどこもスプレッドの差がなく、為替レートも同じで、金融取より財務チェックや監査などを受けています。「くりっく365」のホームページにリンクが貼られている会社が「くりっく365」の取り扱い会社です。これだけでもかなりの時間節約になります。

「くりっく365」取り扱い会社の中から利用する会社を選び出すとき、以下の2点をチェックしましょう

  1. 取り扱い会社によって導入しているシステムが違うため、取引画面や注文画面のデザイン、操作方法などが異なる。
  2. 取引画面でチェックできる為替ニュースやマーケット情報は、取り扱い会社によって情報入手先が違うため、内容に違いがある。

取引画面の使い勝手については、実際に操作して比べるのがベスト。複数の会社に口座を開設し、口座へ入金する前に、自分に合ったスタイルの操作画面や操作方法を導入している会社をじっくり選ぶのも一案です。

提供される情報については、為替取引に特化した情報提供会社が配信する「プロディーラーの相場予想」など、一般のニュースサイトでは知ることのできないものを重視する会社もあれば、いわゆるニュース速報的な情報提供を重視する会社もあります。

これも、実際に口座を開設して、どの内容の情報が、自分のFX取引の投資スタイルにとって有益かどうかを確認することが大切でしょう。

何度も見る画面です。見やすさや見た目の心地よさなども、とても重要です。

FXブロードネット365

岡三オンライン

外為オンライン

FXブロードネット365

岡三オンライン

くりっく365

フジトミ×くりっく365

岩井コスモ証券「ネット取引」

くりっく365

岩井コスモ証券

おすすめの記事