デモ・バーチャルトレードの欠点

FXデモ・バーチャルトレードの落とし穴

デモトレードやバーチャルトレードは、FXを体験するには良いサービスです。

しかし、仮想マネーを使用する為なかなか緊張感が持てないのも事実で、仮想マネーという安心感からつい安易なトレードをしてしまいがちです。

例えば、今後の相場がどの方向を向くかというのは、初めはなかなか予想しづらいものですが、デモやバーチャルトレードでは失敗しても実質的な損失が無い為に、「上がれば良いな。」「これでダメでもまあ良いか。」という具合にトレードをしてしまう方もいらっしゃいます。

では、これが実際に自分のお金を使ったトレードならどうでしょう?

きっとデモやバーチャルトレードのような賭け感覚ではなく、真剣に分析チャートを見たり調べたり計算したりしながらトレードするはずですね。

初めて為替やFXに触れる方の場合、デモトレードで本番を意識した取引を行わないと、いざ自分のお金を使った取引を始めてもトレードや損切りの決断ができず、訳が分からないうちに資金が底をつき、FXを続けることができなくなってしまいます。

また、実践でもデモ感覚で安易な考えでトレードしてしまい、大損を出してしまうかもしれません。

いくら実際と同じようにといっても、やはり緊張感や慎重さに多少の違いは出てしまうものですが、できるだけ実践的に取り組んでみて下さい。

ちなみに、FXで運用する資金は、自身が持っている資金の余剰分を用いることをおすすめします。

また、最初から高額な取引をするのではなく、最少通貨単位から取引してみると良いでしょう。

最少通貨単位はFX会社によっても異なりますが、たいていは1万通貨から取引することができます。

なぜこのような方法をおすすめするかと言いますと、やはりデモやバーチャルトレードと実戦は異なるものですし、事前にどれだけFXについて勉強していても実際に取り組んでみないと分からない事も多いからです。

余剰資金でFXの運用、しかも最少通貨単位でのスタートであれば、気持ち的にもゆとりが持てますし、万一失敗しても取り返しがつかないほどのダーメジとまではいかないでしょう。

取引単位が、少額の100通貨から始められるマネーパートナーズFX nanoを利用して、慣れるまではデモやバーチャルトレードの代わりに実際に資金を動かしてFXのトレードを行うこともオススメです。

そして、FXやトレードの「いろは」が分かって来たら、そこで取引額を増やせば良いのです。

最初から大きな利益を狙うよりも、まずは基本を身に付けるつもりで始めてみると良いですよ。

FXで利益を上げ続けるというのは簡単なことではありません。

ぜひ日々勉強のつもりで取り組んでみて下さい。