余裕のある資金で開始

FXの開始資金には余裕を持って

基本的にFXは1万通貨単位から取引を始めることができます。

例えば、1ドル100円であれば、1万通貨で100万円が必要ですが、FXではレバレッジをかけることにより、5万円や10万円といった元手で取引を始めることが可能になります。

少ない元手で取引を始められるという点はFXの魅力の一つでもあります。

これにより、株にはなかなか手を出せなかったが、FXなら挑戦してみたいと考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、こちらのサイトでは、FX取引はある程度の損失にも耐えられる余裕資金を持って始めることをおすすめしています。

「レバレッジが利用できるのだから、資金は最低限でも良いのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、レバレッジをかけるということはそれだけレートが下落した時に受ける影響も大きくなるということです。

数銭のレート変動でも致命傷になる可能性があると考えると、トレードで冷静な判断が出来なくなってしまう方がほとんどではないでしょうか。

さらに投資先が主要国以外のマイナー通貨であれば、急激な相場変動が起こる可能性が主要国に比べて高く、短期間でのレート暴落や必要な時に決済ができない、といった懸念も大きい為、さらにリスクが高まります。

高レバレッジの注意点

高いレバレッジは少ない元手で始められ、
利益も大きく出せることが魅力ですが、その反面リスクが高い事も忘れてはいけません。

想定できる損失に対し余剰資金で対応できる、または、100万円までならマイナー通貨に全て変えても良いといったような計画性があるなら問題はありません。

気を付けたいのは、少ない資金で取引ができる、金利スワップが得られるといったような、メリットや目先の利益だけに囚われてリスクを無視してしまうことです。

こちらのサイトでは、FXに関する基本的な事や注意点などを説明させていただいていますが、その中でも「余剰資金をもって始めること」「想定できるリスクに対応すること」「自身のポジション管理はきちんと行うこと」の3点については繰り返し述べさせていただいています。

これからFXを始めようとお考えの方や、とりあえずFXを始めてみたという方にとっても、この3点は重要です。

特に、とりあえずFXを始めてみたという方は、今からでも自身の取引内容や余剰資金などについて見直してみることをおすすめします。

FXは始めてみなければ分からないという事も多くありますが、分からないままに使い方を誤ると大きなダメージを受けてしまう可能性があります。