金利スワップの注意点

本当に金利スワップだけで儲けられる?

金利スワップを得られることはFXの魅力の1つです。


通貨ペアによっては日本の銀行に預けているよりも多い利子を受取る事も可能です。

しかし、金利スワップを目当てに外国通貨を長期保有する場合、得られる金利スワップは期待するほどの額にならない事がほとんどです。

また円高、円安という言葉があるように、中長期的に見て、各国通貨のレートは上下を繰返している傾向にあります。

通貨ペアでは、対象となる通貨金利の高い低いが入れ替わり、金利スワップを支払わなければいけなくなる事も珍しくありません。

金利スワップ目的の注意点

特に金利スワップを目的にFX取引を始める方の場合、高金利通貨に高額、または高レバレッジをかけて金利スワップでの利益増を狙おうとするケースもありますが、高金利通貨で高額取引をする場合には、事前に充分に検討する必要があります。

なぜなら、高金利通貨は急激に下落してしまう懸念が大きい為です。

高金利になっている通貨はたいていマイナー通貨と呼ばれるところである事が多いです。

マイナー通貨国は経済が不安定な傾向が見られるため、高額取引をするには不安要素が大きくなってしまいます。

また、取引を始めた時には問題なくとも、突然のレート暴落、または取扱い中止というような事態も想定できます。

「金利やレートの具合が悪くなったら、その時に決済すれば良いのでは?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、マイナー通貨でも取引に参加している投資家が少ない場合になどには、決済してもらえない可能性もあるのです。

それでも金利スワップを狙いたいという方の場合は、これらのリスクを覚悟したうえで臨むのであれば問題はないでしょう。

例えば、自身の資産のうち無くなっても困らない余剰資金で、損失が出た場合でも全て許容する覚悟で臨むなどです。

やはり魅力のある金利スワップ

以上の説明を聞くと、金利スワップによる収入に大きな魅力を感じてFXに興味を持った方はガッカリされたかもしれませんね。


しかし、為替利益に金利スワップが付随すると考えてみると、やはり少額でも魅力的な要素だと言えるのではないでしょうか。

日本は近年、低金利政策により銀行に資金を預けていてもほんのわずかしか利子を得る事はできません。

それに対してFXでは、日本にいながらにして外貨との為替差益、さらには金利差を受けられるチャンスがあります。

ちなみに、金利スワップを目的とした場合でも為替についての知識は必須となっていますので、金利スワップだけに注目するのではなく、為替利益を出す事から取り組むようにすると良いですよ。