トレンドは「乗る」のではない


「外国通貨を売買することにより利益を出したい。」

これは、FXを行う人であれば当然誰しもが考えている事です。

実際に、FXでも多くの人が売るタイミング、買うタイミングというのがあります。

このタイミングは「トレンド」と呼ばれます。

トレンドの発生は、自身が売買をする上での目安とすることもできます。

FXを始めたばかりでは、相場の向きが転換するタイミングや、一定のレート間で上がったり下がったりを繰返している状態から再び上下どちらかへ動き始めるタイミングが全くつかめないということあるでしょう。

このような時でも、トレンドが発生している事に気付いたらそれを追いかけるようにして相場に乗るのも良いです。

ただし、トレンドの発生を見つけてから売買を決めていると、乗った時にはすでに遅かったという事態も起こる可能性がありますので、そのようなリスクも覚悟しなければいけません。

  • 相場がしばらく上がり続ける状態を「上昇トレンド」
  • 逆に相場がしばらく下がり続ける状態を「下降トレンド」
  • 一定のレート間で上がったり下がったりを繰返している状態を「保ち合い」または「揉み合い」と言います。

また、保ち合い相場になると、その後上下どちらかにトレンドが発生する傾向があります。

FXで用いられている分析ツールには、このようなトレンドの発生を予測するものがありますので、ぜひ見方を覚えておくと良いでしょう。

ただし、分析ツールとはいっても的中率は100%ではありませんし、種類によって見え方も変わってきますので、それに表示されているサインを鵜呑みにしてしまわないよう気を付けて下さいね。

FXのトレンドというのは各国の経済情勢と非常にマッチしていますので、経済情勢に関する情報や分析ツールを元に相場予想を立てトレードをしていると、自然にトレンドに乗っていたということも珍しくありません。

つまり、トレンドは追いかけて乗るのではなく、
自分の判断を元にトレードしていて気付くとトレンドに乗っていたというのが理想です。
言い換えれば、投資家の「売りたい、買いたい」がトレンドを発生させるとも言えます。

FX取引で利益をあげようと思えば、それなりのリスクが伴いますが、
自身のポジションや損益状況を見ながら、利益を伸ばしていくつもりで取り組んでみて下さい。

時には損失が出てしまうこともあるでしょうが、結果としてプラスになれば問題ありませんね。